アクセスの多いアフィリエイトサイトに向くレンタルサーバーについて解説

アフィリエイト歴10年以上のユーザーがアフィリエイトサイト・ブログの作り方について解説。

アクセスの多いアフィリエイトサイトに向くレンタルサーバーは?



収益目的でブログやアフィリエイトサイトを運営する人、以前に比べるとかなり増えました。

これまで、アフィリエイトとは全く縁がなさそうだった知人からも「副業」なんて言葉が出てきたりして、 本当に流行っているんだなと身をもって感じます。

私はアフィリエイト歴が長いため、 そういった人たちからいろいろなことを質問されるのですが、中でも多いのは「レンタルサーバーはどこの会社がよいのか」という質問です。

ネットで調べればわかることですが、最近はステマも多いため、実際に使用している身近な人の意見も聞きたいのだそうです。



アフィリエイトサイトの運営にどのレンタルサーバーが向いているかは、サイトのタイプによって大きく変わります。

趣味で運営している小規模なサイトと、アクセスの多い大規模サイトとでは、当然ながら必要なサーバーのスペックが異なってくるんですよね。

今回は、アクセスの多いアフィリエイトサイト(アドセンスブログなど)に向く、レンタルサーバーについて解説します。




アクセスのあるサイトに向くレンタルサーバーの条件は?

もしもあなたがトレンドサイトの運営を考えていたり、 アクセスの多いサイトを目指しているのなら、最初からある程度スペックに余裕のあるサーバーを借りておくことをおすすめします。

まだアクセスがないのに、いきなりスペックの高いサーバーを借りるなんて無駄じゃない?と考える方もいるかもしれません。

確かにアクセスが少ないうちは、安いレンタルサーバーのプランでも十分に間に合います。

しかしサーバーのスペックが低いと、 アクセスが急増したときにその負荷に耐えきれず、サイトが激重になったりサイトが表示されなくなる可能性があります。

そのような状況になってから引越しするためのサーバーを探すのは大変ですし、 引越しが完了するまでの機会損失も決して小さくはありません。

短期間でアクセスが増える見込みがあるのなら、それを見越してレンタルサーバーを選んでおくべきだといえるでしょう。

アクセスのあるサイトでも運営しやすい、サーバーの条件は以下の通りです。


アクセスの多いサイトでも運営しやすいサーバーとは

・サーバー自体がハイスペック
・転送量制限が緩い
・一時的なアクセス集中に耐性がある




アクセスの多いサイトを運営する場合は、 サーバースぺックが高いこと、また転送量の制限に余裕があることに加えて、 一時的なアクセスの増加に耐えられるかどうかという点に注意する必要があります。

例えば、普段のアクセス数は大したことがない場合でも、 土日のみ、またキャンペーンやイベント時のみアクセスが急増するようなサイトもありますよね。

そのようなサイトを価格の安いレンタルサーバーで運営していると、 アクセスが集中したときにアクセス制限がかかってしまい、 503エラーでサイトが表示できなくなるといったトラブルが起こる可能性が高いです。

サーバースペックがどうのというよりも、価格の安いレンタルサーバーは、 同時アクセス数の制限が低く設定されているため、アクセスが急激に増加すると制限がかかるようになっているんです。

なので急激なアクセス増加があるサイトは、アクセス集中に耐性のあるレンタルサーバーのプランを選ぶ必要があります。



アクセスの多いサイトにおすすめのレンタルサーバーを紹介

基本的に、多くのレンタルサーバーには複数のプランが提供されており、 上位プランであればある程度のアクセスがきても大丈夫な場合が多いです。

ただ、やはりサーバのスペックや機能は会社によって差があります。

ここでは、価格が比較的お手頃であるのにもかかわらずスペックが高く、かつアクセス増加に強いサーバーをご紹介します。


ConoHa WING

ConoHa WINGは、2018年にサービスを開始したばかりの比較的新しいレンタルサーバーです。

そのスペックの高さと処理速度の速さより、アフィリエイトサイトやブログ運営をしている人達のあいだでも評価が高く、利用者は増加しています。

高性能、かつ機能もレンタルサーバーの中ではトップクラスと言っていいほど充実していますし、 初心者にも使いやすい管理画面のインターフェースを採用するなど、利用するメリットが多数あります。

にもかかわらず、価格がお手頃であるところが魅力です。

一般的なレンタルサーバーと比較して転送量制限が緩いこと、また並列処理に優れたnginxの採用によってアクセスの急増に耐性があるため、 アクセスの多いサイトをはじめ、高解像度画像を多用しているサイトなどにもおすすめのサーバーだといえるでしょう。

プランのアップグレードやダウングレードがいつでも行えるため、 サイトの状況にあわせてサーバー環境を気軽に変えられるという点も良いですね。


ベーシック スタンダード プレミアム
初期費用 無料 無料 無料
月額料金 1,200円 2,400円 4,800円
最低利用期間 なし なし なし
ディスク(SSD) 200GB 300GB 400GB
転送量目安 2.5TB/月 3.0TB/月 3.5TB/月
ドメイン 無制限 無制限 無制限


見ての通り、ハイスペックサーバーにしては価格がお手頃であるのにもかかわらず、ディスク容量にも転送量にもかなり余裕があります。

ドメインも無制限です。

欠点は無料お試し期間がないところですが、その代わりに初期費用が無料で、さらには「最低利用期間」がありません。



一応「最低利用期間」について簡単に説明しておくと、多くのレンタルサーバーは月払い制であり、 最低でも1か月分の料金を支払わなくてはなりません。

使いはじめてから1か月以内で利用するのをやめたとしても、初期費用をはじめ、利用していない日数の料金は返ってきません。

しかしConoHa WINGでは、利用期間が1ヶ月に満たない場合は 利用時間分のみの料金の支払いで済みます。

例えば数時間使っただけで解約したとしたら、数時間分の料金支払いで済むということです。

お試しはできないものの、いつでも自分の好きなタイミングでやめられるのは無駄がないといえますね。



あとConoHa WINGには、他のレンタルサーバーでは見かけない「サーバーマイグレーション」機能が提供されています。

サーバーマイグレーションとは、利用のしているサーバーが混雑している場合に限り、 収容数の少ない空きサーバーへと移行することができる機能です。

利用者が多く混雑したサーバーや、アクセスの多いサイトを運営しているユーザーが同サーバーににいると重くなりやすいのですが、 この機能を利用すれば、収容人数の少ないサーバーへとサイトを簡単に移行させることができるんです。

利用できるのはサーバーが混雑している場合のみですが、 はずれサーバー(共用しているサーバーに重いサイトを運営しているユーザーがいる)に当たってしまったとしてもサーバーを変えれば済むため、 安心してサイトが運営できます。



上記以外にもさまざまな機能を持ちながら、最小で月額1,200円のお手頃価格を実現しているのはすごいです。

一番下のベーシックプランで十分なスペックであること、また気軽にプランのアップグレードが行えるため、 まずは下位プランからはじめて見ると良いでしょう。



mixhost

mixhostも、ConoHa WINGと同様に比較的新しいレンタルサーバー会社です。

一般的なウェブサーバーに使用されることの多いApacheではなく、 次世代のウェブサーバーともいわれる「LiteSpeed」を日本で初めて採用したサーバーで、 高速な表示速度を実現しているだけではなく、急なアクセスの増加にも強いという特徴を持ちます。

ビジネス利用にも通用するスペックであるのにもかかわらず、最小のプランにおいては1000円を切る価格で提供されているところが魅力です。

プランのアップグレードやダウングレードも自由に行えるため、無駄がありません。


スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス
初期費用 無料 無料 無料 無料
月額費用 880円 1,780円 3,580円 7,180円
無料お試し期間 10日 10日 10日 10日
ディスク(SSD) 150GB 250GB 400GB 500GB
転送量目安 2TB/月 4TB/月 6TB/月 7TB/月
ドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限


一般的な共用レンタルサーバーは、他のユーザーとサーバーのリソースをわけあって利用するため、 他のユーザーが高アクセスの重いサイトを運営している場合、自分のサイトまで重くなる可能性があります。

しかしmixhostでは、CPUやメモリなどのサーバーリソースをコンテナ技術を用いて区切り、 契約ごとに独立したサーバとして利用できるよう制御しているため、他のユーザーのサイトの影響をうけません。

結果、安定したサイト運営が可能となります。

転送量の制限などもゆるく、アクセスの多いサイトをはじめ、WordPressを利用したサイトや画像が多く重くなりやすいサイトなど、 サーバーに負荷をかけやすいサイトの運営に向いたサーバーだといえるでしょう。

アダルト系サイトの運営も可能であるため、最近多い出会い系アプリを紹介するアフィリエイトサイトの運営にもおすすめです。

先にも書いた通り、プランのアップグレードやダウングレードが自由に行えるため、 どのプランを選べばよいのかが分からない場合は、最小プランから利用してみると良いでしょう。



エックスサーバー

エックスサーバーも、アクセスのあるサイトにはおすすめのレンタルサーバーです。

高速であるのにもかかわらず、比較的お手頃な価格のプランから提供しているため、 ブロガーやアフィリエイトサイト運営者を中心に高い人気を誇っています。

サーバー自体がハイスペックであることに加え、 サーバーソフトウェアにはアクセスの急増に強いnginxを採用しており、 アクセスの多いサイトや負荷がかかりやすいWordPressサイトの運営におすすめです。

またレンタルサーバー会社としては歴史が長いため、 今後いきなりサービスが終了したり改悪されてしまうようなことはまずないと思われ、 安心して使い続けられるという点も魅力です。


X10 X20 X30
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金(12カ月以上の契約) 900円~1,000円 1,800~2,000円 3,600~4,000円
無料お試し期間 10日 10日 10日
ディスク(SSD) 200GB 300GB 400GB
転送量目安 70GB/月 90GB/月 100GB/月
ドメイン 無制限 無制限 無制限


サーバースペックや高速化の技術が充実している点など、パフォーマンスに関しては申し分ないでしょう。

アフィリエイトサイト運営での利用者が多いため、トラブルが起こった場合でも対処法を見つけやすという点も安心です。

デメリットは初期費用が3000円かかることと、 先にご紹介したレンタルサーバーのようにプランのアップグレードやダウングレードが自由に行えないという点です。

具体的にはプラン変更は可能なのですが、 ConoHa WINGやmixhostのように自由なタイミングでの変更ができません。

プランのアップグレードに関しては月単位で行うことができますが、 プランのダウングレードに関しては利用期限月のタイミングでしか行えないため、 プランの内容があわなかった場合に無駄が出やすいです。

そのような理由より、最初からある程度サイトにみあったプランを借りる必要はありますが、 契約前に無料のお試し期間で試せるため、大きな問題ではないと思います。




レンタルサーバーのコストを抑えたい場合は…

今回、アクセス急増に強いレンタルサーバーをご紹介しましたが、 いずれのレンタルサーバーも、これからサイト運営を始めるという方にとってはややオーバースペックなところがあります。

ゼロからのサイト運営であっても短期間でアクセスアップできる自信があるのなら、 最初からハイスペックなサーバーを借りておいたほうが、あとから引越しで時間を無駄にすることがありません。

しかし短期間でアクセスをアップさせる自信がない人や、ある程度の収益になるまではコストを抑えたいなんて場合は、 もう少し安いサーバーを選ぶのもアリでしょう。

初心者に向くお手頃なレンタルサーバーに関しては、以下で説明していますので、 あわせてご覧いただければと思います。




関連記事




サイトについて



アフィリエイト歴10年以上(専業)のユーザーが、 アフィリエイトをはじめる手順や、 アフィリエイトサイト(ブログ)の作り方についてつらつらと解説しています。

たまにアフィリエイトに関する独り言や愚痴もかくかもしれません。

サイトについて

新着記事









カテゴリ


ページのトップへ戻る