アフィリエイトサイトを運営するにあたって登録しておきたいASPは?

アフィリエイト歴10年以上のユーザーがアフィリエイトサイト・ブログの作り方について解説。

アフィリエイトサイトを運営するにあたって登録しておきたいASPは?



アフィリエイトサイトを作る場合に必要となるのが「広告」。

広告を掲載する方法はさまざまですが、 一般的にアフィリエイトサイトではASPと呼ばれるアフィリエイトサービスを提供するプロバイダに登録し、 そこで各企業と提携して広告を掲載することになります。

ASPに登録すると、数多くの企業の広告を簡単に掲載できるようになるだけではなく、 複数の企業からの報酬をまとめられるため、収益の管理も簡単になります。

今回は、アフィリエイトサイトを運営する場合に最低限登録しておきたいASPをご紹介します。




最低限登録しておきたいASPについて

ASPと一口に言っても様々なタイプがありますが、 アフィリエイトサイトを運営するなら最低でも、ここでご紹介しているASPには登録しておきましょう。

ちなみに、登録にはサイトが必要です。

先にサイトを作っておく必要があるため、サイトがない方はまずレンタルサーバーを契約し、サイトを公開しましょう。

初心者がアフィリエイトサイトの運営に利用しやすいサーバーについては、以下で説明しています。



あと、ASPへサイトを登録するにはASPによって実施される審査に合格する必要があります。

といっても簡単なものですが、あまりに内容がなさすぎるサイトだと審査に通らない可能性があるため、 ページ数が少なくても中身のあるサイトを公開するようにしましょう。


A8.net

初心者にとって、また長くサイトを運営している人にとって非常に利用しやすいASPのひとつである「A8.net」。

参加企業の数が多いこと、また機能豊富で収益のレポートも見やすいですし、 複数のアフィリエイトサイトを登録しやすいところも、このASPの魅力です。

実際にいくつかのASPを利用してみると、A8が非常に使いやすいことがよくわかると思います。



最近の広告業界では、Appleの「ITP」と呼ばれるユーザのプライバシー保護強化に関する機能の登場により、 アフィリエイトの成果が正常にトラッキングできないなどの問題が起こっているのですが、 A8ではそのITPへの対応もいち早く行っています。

アフィリエイトサイトの運営をした事がないとよくわからないかもしれませんが、 ITP対応への取り組みは報酬の上下に直結する部分であるため、その対応を怠らないというのは非常に評価できる点です。

使っていて安心感の大きいASPであるため、とりあえずサイトを作ったら一番に登録しておきましょう。

私自身は現在は、掲載している広告の種類の関係よりA8からの収益はそれほど大きくはありません。 ですが、今後も積極的に利用していきたいASPだといえます。



Valuecommerce

ASPの大手として見逃せないのが、Valuecommerce(バリューコマース)。

アフィリエイトをはじめた当初から利用させてもらっていますが、A8と同様に参加企業数が多いこと、 また機能が充実しているため、初心者でも簡単にアフィリエイト広告をサイトに取りいれることができます。

Yahoo!ショッピングなどの大手モールの広告を扱っているところも、Valuecommerceの魅力です。

最新技術への対応も早く、安心して利用できます。



Linkshare

Linkshareは、楽天が運営するASP。
といっても、楽天提供のASPとはまた別物のASPとなります。

特に他のASPでは扱いのない、ファッションやパソコンジャンルの大手企業の広告が充実しています。

報酬率や額は他ASPに比べると全体的に低めであること、またやや使いづらい面がありはするものの、 地味に人気のあるASPです。

私自身、かなりお世話になっています。



楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトは、楽天が運営するASPです。

基本的には報酬は現金ではなく楽天ポイントで支払われますが、楽天ポイントはほぼお金と変わりなく消費できるポイントであるため、 問題はないでしょう。

正直、報酬率はそれほど高くはありません。
ですが楽天市場はものが売れやすいため、初心者でも比較的報酬を得やすいというメリットがあります。

広告が見つからない製品でも、楽天市場を通して紹介できることがあるため、 アフィリエイトサイトを運営するなら登録しておきたいASPだといえます。

※楽天会員のIDと同じアカウントを併用するため、すでに楽天会員に登録している場合は、 そのアカウントからアフィリエイトを利用できるはずです。



Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイトは、Amazonが運営するASPです。
主にはAmazonが提供する商品やサービスを紹介できます。

楽天はポイントでの報酬支払でしたが、Amazonは現金です。

サイトの登録は楽天よりも厳しい印象ですが、 楽天以上に商品を紹介しやすいことと売れやすいため、アフィリエイトサイトを運営するのなら必ず登録しておきましょう。




以上、最低限登録しておきたいと思われるASPを掲載しましたが、 あくまでも最低限であって他にもASPは沢山あります。

ただ最初から沢山広告を掲載する事はないでしょうし、 紹介しすぎても登録に追われるだけなので、これだけはというASPを厳選しました。

極端な話、最初はA8だけ登録しておき、 徐々に増やしていく形でもよいと思います。



直契約による広告掲載ってお得?

ASPと契約して各企業の広告を掲載する以外に、企業と直契約して広告を紹介するやり方もあります。



私自身、以前にとある企業と直契約して広告を掲載していたサイトがありました。

直契約をするメリットは、ASPを通すよりも報酬を高く設定してもらえること、 また利用できる広告素材なども充実していることが多いため、より深いコンテンツを作りやすいという点があげられます。

じゃあ、直契約を増やした方が良いのでは…なんてことを言う人もいましたが、 直で契約を行うにはASPの代わりとなるシステムが必要です。

企業側で用意している場合がほとんどですが、システムが貧弱だと広告を掲載する側としては正直不安を覚えます(苦笑

あとASPを通して広告を掲載する場合、各企業からの報酬をまとめて支払ってもらえるために金銭管理が行いやすいのですが、 直契約が多いとその手間が増えるという問題もあります。

トラブルが起こった場合にも、アフィリエイト側にとっては不利な場合が多いと思われます。



幸い私の場合は企業側の担当がしっかりとした人であったため、広告掲載や報酬面で不安を感じたことはありませんが、 契約やミーティングのために出向いたりと、コミュニケーションの手間が増えるという点でしんどかったです。 (時間は全てサイト制作の作業にあてたい方なので…)

報酬面でよい話があるのなら直契約も悪くないと思いますが、 基本はASPを通した方がアフィリエイト側にとっては手間がなくメリットが大きいといえるでしょう。



なお当然ですが、ASPでは企業との直契約を禁じているところが多いです。

これまでに一切の付き合いがない企業ならばともかく、 すでにASPを通して提携している場合、直契約はNGとなる可能性がありますのでご注意下さい。



非公開のASPもある

一般的には公開されておらず、他のASPのように簡単に登録できないASPも存在します。

そういったASPに登録するには、既に登録している人からの紹介であったり、ASPからの直接のオファーが必要だったりします。

基本的には初心者のアフィリエイトサイト向けASPではなく、 すでにある程度収益が上がっているサイト向けのASPだといえるでしょう。

私自身、運営して長いサイトが数多くあるため、たまにオファーのメールをいただくことがあります。



非公開ASPで扱っている広告は、一般的なASPでは取扱いのないものも多いです。

また一般的なASPで取り扱いがあったとしても、非公開ASPで提供している広告の方が報酬の条件の良いものが多いです。

なのでオファーがあって掲載できるのなら、そういったASPの広告を掲載した方が得だと言えます。

これからアフィリエイトサイトを運営しようという人にはあまり関係のない話ですが、 そういうASPもあるということを頭に入れておきましょう。



関連記事


サイトについて



アフィリエイト歴10年以上(専業)のユーザーが、 アフィリエイトをはじめる手順や、 アフィリエイトサイト(ブログ)の作り方についてつらつらと解説しています。

たまにアフィリエイトに関する独り言や愚痴もかくかもしれません。

サイトについて

新着記事









カテゴリ


ページのトップへ戻る